「遊行寺 新緑のリトリート2014」終了しました。

5/16~18、まさに新緑の遊行寺にて、「リトリート2014」を開催致しました。

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

今年のリトリートでは、「メディカル気功太極拳指導員」一期生の誕生、プチ断食、写経、古い功法の復活など、新しい試みにチャレンジ!

“心身一新”の3日間となりました。

 

今年のリトリートの最大の特色「プチ断食」では、お粥、みそ汁、塩、胡椒、胡麻の入った白湯、酵素飲料などをいただきます。

日頃の食生活とは質量ともに大きく異なるにもかかわらず、空腹感は次第に消えていきます。

食とからだ、心のつながり、気が満ちる感覚を実感しました。

 

メディカル気功太極拳」普及指導員がさらにステップアップする「指導員」試験を実施。全員晴れて合格です☆

 

気功シンプルレッスン、ホリスティック・ケア・エクササイズ、メディカル・セラピーヨガの試験にも、大勢の方がチャレンジし、全員合格!

 

これらお馴染みの功法に加え、以前に煉功していた功法も今年のお楽しみのひとつです。

早朝の境内で、「疎通経絡保健功」を煉功。全身の経絡を気持ちよく叩き、60兆個の細胞が目を覚まします。

「峨眉伸展功」は毎年お馴染みですが、これも朝の煉功に欠かせません。

 

歩禅・走禅では、一人一人、心拍が上がらないペースで歩き、走ります。

その気持ちの良さは、笑顔が証明してくれます☆

 

歩き・走り終え、本堂の前で記念撮影。

 

当NPO顧問医師・佐野正行先生よる特別講座、今年のテーマは「免疫と気功」。

佐野先生のわかりやすく楽しいお話は今年も大絶賛でした☆

 

広島・福山から、今年も当NPO認定団体「気功いきいきサークル」(三上人美代表)さんが駆けつけてくださいました。

講座では、メディカル気功太極拳を煉功すると、筋硬度や血圧などがどのように変化するかについての実証報告を、とてもやさしくわかりやすくレクチャー。会場がなごやかな空気に包まれました。

 

今年のリトリート講座のメインイベント「写経」。

東田隆光先生のご指導により、読経からスタート。

筆はからだの一部、文字にその時その時の心、姿勢が如実に表れます。

 

 

 

 3日間、全12講座を終え、それぞれの気付きを共有する交流会で収功です。

 

最後の食事には、野菜たっぷりのおつゆとお粥。

たべものの有難さを心とからだで実感。

食事=食べることについて意識が変わった三日間となりました。

 

今年参加された方も、

今年は参加できなかった方も、

今まで参加したことがない方も、

また一年煉功を重ね、パワーアップした来年の遊行寺リトリートでお会いしましょう♫

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top